独身のあの男性が気になる!既婚の私に優しくしてくれるのは気がある証拠?

既婚女性であっても、旦那以外の男性が気になることがあります。

テレビを見ていて俳優やアイドルにドキドキすることもそうですし、現実の世界でも素敵な男性があなたの目の前に現れたら気にならないわけがありません。

それが憧れで終わるのか、不倫という恋愛に発展していくのかはきっと相手次第なことなのです。

既婚女性が好きになった独身の彼があなたのことを好きになったなら、男女の関係にならないことの方が不自然ですよね。

だからこそ、既婚女性であるあなたに優しくしてくれるあの彼の気持ちを確かめなければなりませんね。

気になることは、そのままにしておくと素敵な出会いを逃してしまうことにもなりますよ。

彼が優しくしている人はどんな人?あなた以外の女性にはどうですか?

あなたが気になる独身の彼の普段を見てみましょう。

普段といっても、あなた以外の人と接しているところを観察してみるのです。

他の人の接し方とあなたへの接し方の違いを探してみましょう。

すると、あなたというわけでもなく男女ともの分け隔てなく優しく思いやり溢れる接し方をしているとなるど、優しいことが彼の性格なのです。

元々の性格ですし、あなた以外の女性にもましてや男性にも優しくしているところが確認されたら、これ以上舞い上がるのは控えておきましょうね。

その独身にとっては、あなたもその他大勢の人の中の一人ということで不倫に発展することはないかもしれませんね。

それでもあなたが忘れられない、諦められないという際にはそれ以上の優しさを彼からもらえるような努力が必要になってきます。

ここで、肩を落として落ち込むのか彼を振り向かせるために既婚女性の意地の見せ所ですよ。

今までの恋愛や結婚を糧にしてアプローチをしてみましょう。

誰にでも優しい男性といっても恋をしないわけではありませんよね。

自分に目が向くように行動に移していきましょうね。

彼の目の奥をのぞいてみましょう!ただの優しさか愛のある優しさか

瞳の光を感じたことがありますか?

そんなのは漫画の世界だけじゃないの?と思っている方はきっとまだ本気で誰かの目の奥をのぞいたことのない人です。

目が死んでいるなんて表現がありますが、瞳の光のない状態を指しているのです。

目の前のことにやる気になっている時や闘士溢れている時なんかは、文字通りに目がキラキラしているのです。

きっと、自分の瞳を見ていても確認することができますよ。

そしてあなたが気になっている独身の彼と接する機会があれば、瞳をぜひのぞいて見てほしいと思います。

男性は気になる女性や好意を持っている女性を前にすると瞳が輝きます。

瞳から光が飛び出るようなことではなく、瞳の奥に輝きを持っているのです。

だから、目の奥を覗き込まないと分からないのですが、しかしこの輝きを発見することができれば安心して、大きなアプローチをしましょう。

不倫になる導線を張るので、確認の失敗はできません。

もしも、あなたの読みが甘いと気になる独身の彼に嫌われてしまうようなことにもなってしまうので注意してくださいね。

彼との距離はどのくらいですか?パーソナルスペースを確かめよう

パーソナルスペースという言葉をきいたことはありますか?

パーソナルスペースとは自分自身が大切にしているスペースで、その距離を侵されて侵入されるとソワソワして落ち着かない気持ちになってしまいます。

あなたが気になる独身の彼と接する時の二人の距離はどのくらいでしょうか。

あなたが彼のパーソナルスペースを侵すことで彼がソワソワしているとなると、まだ心を許していない、好意を持っていないという証になります。

反対に、彼の方からあなたのパーソナルスペースだと言われている45センチに侵入してきているとなると、彼は今よりもあなたと深い中になりたい、自分を見て欲しいと思っていますよ。

パーソナルスペースは自分を中心として45センチほどで、この距離は人によって変わってきます。

そして心を許している人や信頼している人にはこの距離に侵入されても何とも思いません。

パーソナルスペースを侵す、侵されるといった時に相手の気持ちを知ることができるのでう。

普段通りに過ごしていての二人の距離について意識してみましょう。

優しいだけの男ではないことを確認したい!あなたへの思いを知るために

優しくしてくる独身の彼のことを気になっているあなた、彼の確かな気持ちを何とかして知りたいと思っていることでしょう。

確かな情報を手に入れるためには、電話占いによる透視や霊視を体験してみることです。

彼の表面上の優しさに隠された本心を探り出すのは、電話占いのサイトに集まった本物の占い師だけですよ。

不思議な力を駆使してあなたのお悩みを解消に向かわせることを生業としている先生たちばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。