人気のある同僚の彼に「今度は2人で出掛けよう」と言われたけど、どういう意味?

仕事に関係する人は仕事の人、会社にいる人は同僚。

そんな風にしか感じていなかったのに、ある日突然「男」として意識し始めた女性がいます。

誰が経験してもおかしくない話し、そして彼女はこれまでの状況ではなくなったことに動揺していまいます。

人の気持ちは分かりませんが、恋をすると余計に分からなくなってしまうものかもしれませんね。

月一の同期会が私の息抜き!食べて飲んで誰にも気を使わない!

杏奈さんは、社会人5年目の女性です。

5年目ですからもう仕事にも慣れて、社会人として生活していることにも慣れてきました。

それでも、毎日疲れない日はなく、後輩を育てながら上司からは監視(そう感じているだけかも?)されている状況に辟易しています。

そんな杏奈さんの息抜きは月一回必ず開催される同期会です。

彼女の同期は全部で5人、そして珍しく誰一人として抜けないでここまで頑張ってきた精鋭、仲間だと思っています。

5年間毎月開催されている同期会では、会社の愚痴をみんなで言い合い、怒って笑っていつも終わっていくので杏奈さんにとってはオアシスのような存在です。

みんんあ同い年で同じ経験をしてきた仲間は女性2人男性3人ですが、仲がとてもよくて学生時代を思い出させてくれるような繋がりを持っていて杏奈さんも誇りに思っていたのです。

この誘いは同僚として?それとも女として?ドキドキが止まらない!

ある月の同期会のことでした。

いつも通りにいつもの時間、いつものお店で集まって最近あったことや会社の噂などについて話しをし酒の肴として盛り上がったいます。

本当にいつも通り。

杏奈さんが後にこの時のことを振り返っても何も違和感はなかったと言います。

一通り話し、怒り、笑って、お腹いっぱいになったところでお店を出てそこで解散です。

杏奈さんは電車での通勤ですので、軽くなった気持ちと程よく酔っているのに足取りは軽く駅に向かってあるいていました。

他の人はタクシーを拾って帰っているはず。

…だと思っていましたが同期のイツキが息を切らせながら杏奈さんに近付いてきます。

「あれっ?忘れ物したかな?」と思っていると、今日はイツキも電車で帰るということなので一緒に駅に向かうことにしました。

イツキとは時間が合えばランチを一緒に取ったり、仕事の相談をしたりできる心置きない友人に近い同期です。

この日も、酔った気分そのままに話しを聞いてもらっていたら、あっという間に駅です。

杏奈さんはイツキとは帰る方向が違いますので、構内で「じゃねぇ」と手を振りながらいいました。

その時イツキは「今度、二人で出掛けよう!」と杏奈さんの耳元で呟いて、背中を向けて帰っていきます。

杏奈さんは酔った頭をクリアにさせながら、どうしてかドキドキしている心臓に手を当てています。

今のはデートの誘い?

えっと、どういうこと?

誘いを待っている私に気付いた…いつも通りの彼をみると切ない

あの日から杏奈さんはイツキの顔をまともに見ることができません。

「今度、一緒に出掛けよう」は同期や会社ということではなく、プライベートな意味ではないの?と自問自答を繰り返しています。

明らかなイツキのことを男性として意識していることに気付いて杏奈さん本人が驚いています。

そして気付いたことはもう一つ。

杏奈さんはイツキからの誘いを待っているのです。

それなのに、あの時のセリフがなかったかのようにいつも通りに振る舞い仕事に取り組むイツキの姿が…

杏奈さんの気持ちは確実にもうイツキに向いています。

あの言葉だけではなく、これまでの信頼関係によってこのようなことになったのでしょう。

杏奈さんはイツキのあの言葉の真意について知りたくてたまいりません。

しかし、怖くて本人に聞くことはできません。

杏奈さんの恋心はこれからどのようになっていってしまうのでしょうか。

本人に聞けないのならば、分かる人に聞いてみよう!

「今度、二人で出掛けよう」あの言葉はどういう意味だったの?

きっと杏奈さんの気持ちが友人のままならば聞くことができます。

しかし、イツキに気持ちが向いてしまっていますので、答えを聞いて傷付くのが怖く聞くことができません。

そんな時には、電話占いを活用してみましょう。

電話占いには本物の占い師がたくさん在籍しており、気になる男性に気持ちが分からないと困っている女性の手助けを行なっております。

透視や霊視のできる占い師の手にかかれば、彼の気持ちを探りあなたが知ることができるのです。

そこから、この恋の行方についてや、成就させる方法についての相談もできますから、解決のためへの大きな一歩を踏み出すことができるのです。

 

コメントは受け付けていません。