元カレとばったり再会!「今度一緒に遊びに行こうよ!」の真意って?

地元をウロウロしていたら学生時代の元カレにばったり出会った、駅の構内で元カレに偶然出会ったことのある人はたくさんいますね。

普通、元カレとばったり出会っても言葉を交わしたとして「元気?」「元気だよ」「…じゃ」みたいな流れですよね。

元カレ元カノとの再会は何となく気まずいものです。

しかし、あなたが今悩んでいるということはその普通の流れにはならなかったということです。

元カレに「今度一緒に遊びに行こうよ!」と遊びの誘いをされたことで元カレの気持ちが分からない、ということですね。

何気なく発せられた言葉なのか、それともそこにはきちんとした真意が隠されているのか気になるところです。

では詳しくお伝えしていきますので、参考にしてそのモヤモヤした気分を晴らしてくだあしね。

成長したあなたの姿を見て二度目の恋に落ちた!再びアプローチ!

その元カレと別れたのはいつのことですか?

数年も前ということならば、別れていた間にあなたが大人の女性に成長した姿を見てあなたに二度目の恋をしたことが考えられます。

女性は様々な経験をして大人の女性に成長していきますので、中には数ヶ月の間に急成長しているなんてこともあるんですよ。

交際をしていた頃のあなたが悪かったわけではありません。

しかし、あの頃の二人の成長具合では交際を続けることができなかった、しかし今ならば上手く幸せにやっていける!と瞬時に彼は判断したのでしょう。

あの頃とはまた違う新しい恋心を抱いて「一緒に遊びにいこうよ」と誘っているのです。

もはやこれはデートのお誘いですよ。

元カレとはいえ、今は何も関係がなくしかも久しぶりの再会ですので一気にアプローチをすることはできません。

もう一度、新たな恋人関係を目指して少しずつこれからもアプローチをしてくるはずですから、あなたの状況や気持ちを整理して彼とやり直すのか、やはり一度壊れた恋は修復可能だとして距離を取るのかよく考えていかなければなりませんね。

別れてから期間が経ったことで昔のことは忘れて仲良く友達になろう!

別れてから期間が経っていて、その間会っていないとすると恋人関係だった頃の記憶はとっても薄いものになっている可能性はあります。

別れて数年経ち、その間に多くの経験をすることで、どうして別れたのか理由さえも思い出せないこともあるくらいです。

「今度一緒に遊びに行こうよ」と元カレから誘った時の元カレの気持ちは、過去のことは忘れて友達として仲良くしようよ、というものです。

元カレ元カノは、実は親友になりやすい関係であったりもします。

人よりも相手のことを知っていますからお互いに理解し合える素敵な友人としての関係を目指してみるのもいいかもしれませんね。

別れた直後なんかは、心のどこかで気になる部分は出て来てしまいますが、別れて期間が経っていて、もうお互いに男女としての気持ちがない、わだかまりもないのなら元カノの誘いに乗ってもいいのではないでしょうか。

元カレはセフレになりやすいって知っていますか?下心満載のお誘い

これからご紹介するタイプの元カレはちょっと注意が必要ですよ。

元カレと元カノの関係はデリケートな部分を持ち合わせています。

深い関係になったことのある過去を持っているのでそれは当然です。

そこで、あなたも元カレと再会したことで気にしているように元カレもあなたの存在を気にはしています。

しかしそれは下心のせいなのです。

元カレ元カノの関係は体だけのセフレという関係になりやすいことをご存知ですか?

もともとが深い関係だったからこそ、案外簡単に体の関係を持ってしまいがちなのです。

「今度遊びに行こうよ」タイミングが合えばベッドに誘ってみようと元カレは考えていますよ。

あなたにその気がないのでしたら、上手く断って元カレとの二人の時間は過ごさないようにしましょうね。

断りにくい状況になってしまったら、あなたが後悔してしまいますよ。

不審や不安のある元カレからの誘い、そんな時の彼の気持ちを知りたいなら?

元カレとの突然の再会で「今度遊びに行こうよ!」と言われた時、どうしてそんなことを言うの?と不審または不安な気持ちに元カノとしてはなってしまいますね。

そんな時に、元カレに直接聞くことが出来ればいいのですがそうもいきませんので、他に元カレの気持ちが分かる人に尋ねてみましょう。

透視や霊視を得意としている電話占いをしている占い師ならば、あなたが聞きたいと思った時にいつでもどこでも尋ねることができます。

離れていても、あなたが元カレと一緒にいなくても元カレの気持ちを探ってもらうことができますよ。

気になることは早く解決し、いつものあなたらしい笑顔を取り戻してくださいね。

 

コメントは受け付けていません。